読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虫単のブログ

DKのブログ

ドリフの話を聞いてくれ!!の話

皆さんおはようございます。虫単です。

 

 

皆さんは『ドリフターズ』を知っていますか?
荒井?高木?仲本?

いいえ違います。平野耕太先生の漫画でございます。

今回は普段ブックオフでしか漫画を買わない僕が発売日に買うこの作品についてお話ししたいと思います。

f:id:minminstar:20161016194451j:plain

 

 

 


1.概要


漫画『ドリフターズ』は平野耕太先生が少年画報社の月刊誌『ヤングキングアワーズ』にて2009年の6月号から連載されている《極限絢爛異世界バトル物語》で、単行本は現在5巻まで出ています。

 

f:id:minminstar:20161017230024j:plain

少なっ!とか思った方、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。ですがご心配なく。その分、極致にまで達せられた、絵やストーリーは読んでるだけで身震いするほどです。そして単行本にも素晴らしい特典が!!あるのですが、それはまた後に…

 

 

 

 

2.ストーリー

 

A.D.1600 天下分け目の関ヶ原…敵陣突破の撤退戦“島津の退き口”
“捨てがまり”で敵将の首を狙うは島津豊久!!
生死の狭間で開いた異次元への扉…
現在いまでは無い何時いつか、現実ここでは無い何処どこかへ
戦国最強のサムライは新たな戦世界へと招かれる!!

※単行本1巻裏表紙より引用

 


亜人やドラゴン、人間が共存する異世界に飛ばされてきた偉人たち。彼らが『漂浪者(ドリフターズ)』と『廃棄物(エンズ)』に分かれ、国盗り合戦を巻き起こすこの世界。


後述するキャラの魅力も相まってすさまじい熱量を持ったバトル漫画になっています。
その闘いの描写はもちろんですが、他にも心に直接訴えかける言葉回しや人類の歩んできた流れなども見てとることができます。(ちゃんとギャグシーンもあるのでご心配なく。)


男の子の夢を詰め込んだような感覚で僕は好きなのですが、もしかしたら絵柄等も好みは分かれるかもしれません。しかし、これを機に一度はドリフの世界観に触れていただきたいと思います。

 

 

 

 

3.キャラクター

 

f:id:minminstar:20161020235159j:plain

漂浪者
生死不明のまま消息を絶った人物で構成されている。

 

島津豊久(1570〜1600)

薩摩が産んだ首おいてけマシーン。首とりしか考えてない。おつむが残念。首とりだけに関してはバカ天才。めっちゃ強い。

 

織田信長(1534〜1582)
火と鉄砲とウンチが大好き。踊るのも好きな第六天魔王兼放火魔。オシャレ眼帯の位置が度々変わるけど多分正解は右眼。

 

那須与一(1169〜1189)
源平合戦で奥義撃った源氏の人。さながらゴルゴ13。弓の名手。ゲンジバンザイ。

 

ハンニバル・バルカ(紀元前247〜紀元前183)
カルタゴの天才戦術家。ローマは許さん。ボケ老人だがたまにすげえんだ。たまに。

 

スキピオ・アフリカヌス(紀元前236〜紀元前183)
ハンニバルのライバル。ローマの野生児。アフリカって付いてるけど別にアフリカ関係ない。

 

【ワイルドパンチ強盗団】
もろ西部劇の列車強盗団。いっぱいいたらしいけどドリフは2人。


ブッチ・キャシディ(1866〜1908)
強盗団のリーダー。タバコ欲しい人。二丁拳銃の方。


ザ・サンダイス・キッド(1867〜1908)
ブッチの相棒。テンガロンハット。ガトリング撃つ方。

 

菅野直(1921〜1945)
太平洋戦争のデストロイヤーで空の神様。空飛ぶジャイアン。バカヤロウ、コノヤロウ!

 

山口多聞(1892〜1942)
巨大航空母艦『飛竜』を飼い慣らしている人殺し多聞丸。怒らせたら死ぬ。提督なので色々これくしょんしてる。多分。

後述するサン・ジェルミ伯、安倍晴明も漂浪者。

 


廃棄物
非業の死を遂げた人物で構成されている。特殊能力が使える。

 

黒王(?)
廃棄物を率いる悪の救世主。素顔や本体は不明。食い物増やしたり傷一瞬で治したりまさにチート。

 

ジャンヌ・ダルク(1412〜1431)
フランスを奪還するべく頑張ったけど結局燃やされちゃった可哀想な娘。胸とか。炎を操ることができる。貧乳。

 

ジルドレ(1405〜1440)
ジャンヌの臣下。能力は不死身。性癖四重苦の持ち主。歩く青少年条例違反。

 

土方歳三(1835〜1869)
新撰組鬼のモテモテ副長。今は波紋か石仮面を使って漫画描いてる。スタンド使い。1人1体ではなくスタンド能力新撰組を出す。島津大っ嫌い。薩奸死すべし。

 

アナスタシア・ニコラエヴァ・ロマノヴァ(1901〜1918)
ロシア革命で処刑された病弱娘。なんでも凍らせる能力を持つ。巨乳。決して淫乱ではない。

 

ラスプーチン(1869〜1916)
ロシア帝国の怪僧。国王軍の参謀的な役割を果たす。札を用いた呪術を使ったり人を操ったりできる。最期の逸話はあまりにも壮絶なので是非調べていただきたい。

 


十月機関(オクト)
国王軍を倒し、人類を、世界を救うための組織。漂浪者を集め、守ることを役目とする。

 

安倍晴明(921〜1005)
平安時代のなんでもできるチート陰陽師。十月機関のリーダー。坊さんではない。見た目は若いが中身は83のジジイ。


オッパイーヌ オルミーヌ
オッパイメガネツインテールのホットパンツハイニーソにアホ毛のトッピング。晴明の弟子で石壁を出すことができる。名前からわかるように巨乳。

 


○その他



漂浪者を異世界に飛ばしまくる人事部みたいな男。新聞型スマートフォンで異世界の情報を読める。

 

EASY
廃棄物を注文しまくる密林好きっぽいゴスロリ少女。紫と対立している。パソコンで異世界の動向をチェックしている。

 

源義経(1159〜1189)
どんな卑怯な手を使っても平氏とか平氏以外をブチ殺すチーター。漂浪者にも廃棄物にもつかずに自由に生きる謎の存在。

 

サン・ジェルミ伯(1691?〜1784)
この世界を支配しているオルテ帝国の4分の1の領土を持つ謎のオカマ。現代の知識もあり、やや謎の多い人物。2人のオカマを引き連れてる。

 

亜人
いわゆるデミ。人ではないものでオルテ帝国に支配され奴隷とされている。


*エルフ族
耳長族。美男美女ばっかりで長命。普通に100歳とか生きてる。手先が器用。


ドワーフ
みんなジジイ。タチの悪い酔っ払いみたいなのばっかりだが鍛治の腕は大したもん。


その他にも犬人、猫人なんかもいる。

こんなに濃すぎる面々で物語が転がっていきます。他にもキャラクターは登場していくので乞うご期待であります。

 

 

 

 


4.単行本


ドリフを語る上で欠かせないのは単行本の魅力です。発行間隔としては1年から1年半かかっているのですが、その分余すところのないドリフワールドが広がっています。

まずは帯!表面は軽く表紙の人物の紹介がされているのですが、裏はこちら。

f:id:minminstar:20161016194536j:plain

この2人は平野先生の前作、『HELLSING』に登場するキャラクターですのでこちらもチェックしていただければ幸いです。


そして中身。当然本編が続いていくわけなのですが、最後!!

最後の数ページに先生のあとがき、キャラクター紹介、そして『あとがきゆかいまんが 黒王様御乱心』。これですよ!!!
この漫画は見開きページ分であるのですが、これが秀逸です。大好き。
簡単に言うとファンキーな黒王様が廃棄物のメンバーとワチャワチャする話です。本編とは(多分)関係ないのでここだけは気を抜いて読めるのかなと個人的な見解です。

f:id:minminstar:20161016194601j:plain

こんな感じ。


だけでは終わりません。カバーを外しますとなんと………!!!

 

 

 

…これは実際にお買い上げてから見ていただきたいです。

 

隅から隅まで魅力がたっぷり詰まった単行本になっています。興味が出た方は是非読んでいただきたいと思います。

 

 

 

 

5.アニメ
長々と話してきたこのドリフターズですが、なんと今期アニメ化してるのです。
公式サイトはこちら。

 しかし北海道では放送されていないのです、、、が! スマホアプリの『Abema TV』にて放送されています。

ただ容量もなくiOS7.2からのアプデが必要というわけで沢山の思い出が詰まったLINEですので残念ですが諦めてLINEを消してAbema TV入れました。

 

 

【お詫び】

なのですが今日時点で2話はが放送されています…ですので1話はどこかで見たいだだくかになります…申し訳ありません……

大きな声では言えませんがアニ○ューブとかf○2動画には上がってると思いますので……

 

それと!5巻の特装版では1・2話が入ったDVDがついてお手軽1600円+税の関ヶ原プライスで発売しております!!よければ是非!!!

 

 

というわけでいかがでしたでしょうか?この世界観、ハマれば病みつきになります。是非是非ご覧くださいませ。